男性

大稼ぎするチャンスが投資マンションにはあります|千載一遇の好機

空き家を活用する

部屋

空き家の防犯性

空き家住宅は放火の対象になったり、不審者が出入りするなど社会的にも問題視されています。そのため、少しでも空き家を減らすことが大切ですが、転勤などで一時的に留守にする場合には、空き家にして出ていくことも少なくありません。このような住宅は、いずれ持ち主が戻ってくるわけですから、他人に貸し出すことも簡単ではありませんでした。しかし、最近ではリロケーションと言って、一時的に空き家になる物件を期間限定で貸し出すケースが増えています。リロケーションを活用することによって、持ち主は不在期間中も収入が入ってくる上に、空き家にしないことで防犯上も安心することができます。一方、借主は相場よりも安い価格で借りることができるのです。

資産の有効活用

第三者とは言え、誰かが住宅に住むことによって、住宅の風通しも良くなり家の劣化も防ぐことができます。さらに、リロケーションの大きなメリットは賃貸期間を柔軟に設定できるところです。いつ持ち主に返すかわからないような物件では家賃が下がってしまいますが、それでも、誰かに住んでおいてもらいたいと考える持ち主も少なくありません。また、住宅ローンが完済できていない人の場合には、何らかの収益がなければローンの支出だけになってしまいます。そのため、リロケーションによって、一時的であっても賃貸してもらえることで住宅ローンの原資を稼ぐことができるのです。使っていない有効な資産があるならば、活用しなければ損になります。