男性

大稼ぎするチャンスが投資マンションにはあります|千載一遇の好機

考えて選択する

電卓と硬貨

賃貸マンションやアパートを利用する場合、入居時の契約で必要となるのが連帯保証人である。連帯保証人を出すことにより、貸し手にとって家賃滞納時の家賃回収先を決めておくことができ、リスク回避ができる。この際、連帯保証人を用意できない場合には賃貸契約を結べず入居できないことになるが、これらに対応するものとして家賃債務保証会社の活用がある。家賃債務保証会社では、家賃滞納時に入居者に代わり家賃支払いを保証してくれる会社である。その為、貸し手にとっては家賃滞納による家賃未払いのリスクを回避できる。また、入居者は連帯保証人を探すことなく、賃貸物件に入居できるため、利便性が高い。これらから最近では、家賃債務保証会社の利用が増えている。

家賃債務保証会社の人気が高い理由には、複数の要因がある。まずは、連帯保証人を見つけなくても、料金を支払うことで肩代わりしてもらえるということがある。連帯保証人は、その人に代わり責任を取る役割となるため、家族など身内を除くとなってくれないケースが多い。その為、人によっては身寄りがいないことで連帯保証人を立てられないケースもある。そのような場合においても、お金を支払うことで保証人の代わりになってもらえることから、人気が高くなっている。また、貸し手にとってもこれらの後ろ盾があることで、家賃回収ができないというリスクを回避できるため、メリットが大きい。物件などによっては、家賃債務保証会社の利用を条件としているものも出てきている。